貯金はいくらあれば安心?年代別の貯金目的と理想の貯金額

将来のことを考えると、しっかり貯金しておきたいと思っている人は多いはず。

今後計画的に貯金するためにも、大切なことは目標とする貯金額を決めることです。

そこで今回は、貯金はいくらあれば安心か知りたい人のために、年代別の貯金目的と理想の貯金額をご紹介します。

ぜひ参考にして、今後の具体的な貯金計画を立ててみましょう。

Contents

実際に貯金はいくらあれば安心?

将来お金で困ることのないように、貯金しなければならないと考える人は多いですよね。

もちろん貯金は多ければ多いほどいいのは分かりますが、ある程度目標がはっきりしていないと、貯金を続けるのが嫌になるのも事実です。

だからこそ大切なのは、実際に貯金はいくらあれば安心なのか、将来のために必要な貯金額を頭に入れておくことなんですね。

貯金事情というのは、家族や友人に簡単に聞けるものでもなく、どれくらい貯金すればいいのか分からない人もいるでしょう。

年齢によっても貯金の目的は変わるため、理想の貯金額も変動します。

具体的な貯金計画を立てたい人は、今の自分が目標とすべき貯金額をしっかり把握しておきましょう。

貯金はいくらあればいい?年代別に見る理想の貯金額

では早速、貯金はいくらあれば安心なのか、年代別に見る理想の貯金額をご紹介します。

自分の年齢に照らし合わせて考えることで、目標の貯金額を決めるのに役立ちますよ。

20代の貯金はいくらあれば安心?

20代の貯金は、300万円程度あれば安心です。

まだ収入も少ない20代は、貯金を後回しにしている人も多いはず。

しかし、将来のために貯金するには、20代の頃からコツコツ貯金するのは大切なことです。

そんな20代の貯金の目安は、理想の貯金額は手取り月収の10%〜20%と考えておきましょう。

つまり手取り月収15万の場合、月収の10%なら毎月15000円を貯金し、月収の20%なら毎月30000円を貯金することになります。

これを年間で計算すると、月収の10%を貯金すると年間15万円の貯金、月収の20%を貯金すると年間30万円の貯金ができるということ。

たとえば20歳からコツコツ貯金を始めた場合、20代のうちに10年間貯金を続ければ、この計算だと150万円〜300万円貯金できます。

収入によっても毎月貯金できる額は異なるでしょうが、将来のためにしっかり貯金するなら、20代のうちに300万程度の貯金を目標にしてみましょう。

30代の貯金はいくらあれば安心?

30代の貯金は、700万円程度あれば安心です。

結婚・出産・転職など、さまざまなライフイベントが最も多いと言われている30代。

将来のためにもしっかり貯金したいところですが、なにかと出費が多い時期でもありますよね。

そんな30代の貯金の目安は、年間手取り収入の15%程度と考えておきましょう。

30代以降はボーナス分などの収入も増えて来るので、月収ではなく年間の手取りで考えた方が貯金しやすいはず。

たとえば年収500万円の場合は、年間75万円が理想の貯金額となります。

30歳から10年間貯金を続ければ、750万円もの貯金ができると考えたら大きいですよね。

20代の頃に300万円の貯金ができていたら、トータルで1000万円を超える貯金ができることになります。

もちろんトータル貯金額は収入によっても異なりますが、将来のために安心できる貯金をするには、30代のうちに700万円程度の貯金を目標にしたいところです。

40代の貯金はいくらあれば安心?

40代の貯金は、1200万円〜1500万円程度あれば安心です。

教育費や住宅購入費など、まとまったお金が出ていく機会も増える40代。

また、老後資金のことも考える必要が出てくるため、計画的に貯金しましょう。

必要となる金額をしっかり貯金しておけば、老後資金に不安を感じることなく、40代を過ごせるはず。

そのためには、具体的な目標に向けて、毎月いくら貯金するか考える必要があります。

40代になると、老後資金として2000万円貯めるのを目標とする人が多いですよね。

定年までの貯金計画を立てると、40代のうちに1200万円〜1500万円程度貯めるのを目標にすると、老後資金2000万円も現実的になります。

20代30代の頃の貯金がどれだけ残っているかによっても、年間の貯金目標は変わってくるはず。

ほとんど貯金が残っていない人や、教育費や住宅購入費としてまとめて出てしまう人は、またゼロから貯金するつもりで計画することが大切です。

50代の貯金はいくらあれば安心?

50代の貯金は、1700万円〜2000万円程度あれば安心です。

この年代になると、より具体的な老後資金に向けて貯金する人が大半でしょう。

老後に向けていくら必要かによって、目標額を決める必要があります。

40代まで順調に貯金を続けていれば、50代の頃には1000万円〜1500万円程度の貯金がある人もいるはず。

そのような人は、目標とする老後資金があとどれくらい必要か差し引いて、貯金の計画を立てましょう。

もちろん、収入が増えたり毎月の貯金額にゆとりがある人は、目標額より多めに貯金額を設定し直すのも悪くありません。

老後資金はいくらあっても不安な人が多いと思うので、貯金額が増えることは安心材料にも繋がりますよ。

理想の貯金額として、50代のうちに1700万円〜2000万円を老後資金として貯めることを目標にしたいですね。

ただし、あくまでも理想の貯金額なので、老後のプランによって自分に合った貯金額を考えるようにしましょう。

何のために貯金は必要?年代別に考える貯金の目的

続いては、何のために貯金は必要なのか、年代別に考える貯金の目的を見ていきましょう。

計画的に貯金するためには、目的をしっかり理解することも大切ですよ。

20代が貯金する目的

社会人になってまだ日の浅い20代は、収入が少なく貯金する余裕がないという人も多いですよね。

大きな出費は比較的少ない年代ではありますが、貯金する必要性がないとは言えません。

むしろ20代のうちからコツコツ貯金することは、その後30代40代の貯金額にも影響する可能性が高いので、できるだけ貯金を意識して生活したいところ。

ちなみに、20代の主な貯金目的は「何かあったときの備え」や「娯楽貯金」として考える人が多いです。

若くても病気やケガで働けなくなることも考えられるので、治療費や生活費に備えてしっかり貯金するのは大切なこと。

また、旅行やレジャーなど、娯楽を楽しむために貯金するのも生活に張り合いがでますよ。

30代が貯金する目的

ライフイベントが最も多いとされる30代は、何かと出費の多い年代と言えます。

そのため、結婚資金や子どもの教育資金、住宅購入費など、貯金の目的もさまざま。

将来のことを真剣に考える年代でもあるので、早い人は老後資金の貯金を始める人もいるでしょう。

30代で何を目的として貯金するかは、30代以降どのような人生を歩みたいかによっても変わってくるはず。

自分自身の人生をしっかり見つめ直し、貯金の目的をよく考えることが大切です。

40代が貯金する目的

40代になると仕事や収入面では安定しても、その分住居費や教育費などの出費が重なり、出ていくお金も多くなります。

しっかり貯金したい気持ちはあっても、意外と貯金が貯まらずに焦る人もいるかもしれません。

年代的には老後資金のことを具体的に考えるようになるため、貯金の主な目的は生活の備えや老後資金の蓄えという人が大半でしょう。

今のうちから貯金の計画をしっかり立て、多少無理してでも貯金を重点的に考えた生活に切り替えたいところです。

50代が貯金する目的

子どものいる世帯では子育てもひと段落し、収入も増えて安定した生活が送れるようになる人が多い50代。

そんな50代が貯金する目的は、言うまでもなく老後資金の蓄えです。

仕事している人にとっては定年も近づいてきて、老後がより現実的になっているはず。

60代以降も貯金することは不可能ではありませんが、健康面や収入面を考えると、50代のうちに老後資金を貯めておくのが正解です。

老後までにあとどれくらい貯金が必要か考え、余裕を持って貯金に励みたいですね。

まとめ

今回は、年代別の貯金目的と理想の貯金額をご紹介しましたが、参考になりましたか?

貯金はいくらあれば安心なのか、将来のことを考えると不安になる人も多いはず。

何を目的に貯金するのかしっかり考え、目標を持って貯金を始めましょう。

お金を借りると言えば、CMでもよく流れている「カードローン」ですが、カードローンに手を出したくないという人は多いです。

もし、信用情報機関に信用情報が登録されるのを避けたい、信用情報にキズが付くことを心配しているのであれば、90万円をクレジットカード現金化の利用がおすすめです。

クレジットカード現金化は、カードのショッピング枠を利用するので通常の買い物と同等の扱いになり、信用情報に一切キズは付きません。

即日現金を調達することも可能なので、一時的な現金不足に困った際はカードローンだけでなく、クレジットカード現金化も検討してみるといいでしょう。

おすすめの記事